トップページ > about

    このページではaboutでボルボの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ボルボの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれるaboutの買取店に売却したい」と考えている場合はこのページに掲載しているオススメの車買取店で調べてみてください。

    スウェーデン車のボルボを高価買取してもらうために外せないのが「aboutにある複数の車買取店で査定の依頼をする」です。1つの業者だけとか近所のボルボ正規ディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら確実に損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定なら入力もすぐに終わるので時間がかかりません。aboutにある複数の車買取業者からの査定額を比べられるので、ボルボ(Volvo Cars)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーといわれるくらい人気のサービスなので安心感も抜群です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社にボルボの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話での連絡はありません。
    もちろん、about対応で利用料は無料です。

    「ボルボを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが所有しているボルボの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札価格を提示するので、スウェーデン車のボルボをaboutで高く売却できる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込みをすると多くの業者から電話が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ボルボの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の相場が分かるので、「サクッと数年落ちのボルボの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社だけで即決せずに、aboutに対応している複数社に査定してもらうことで数年落ちのボルボでも高く売ることができます。

    約10社の業者がボルボを査定してくれるので、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが大切にしてきたボルボを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社がスウェーデン車のボルボの査定額を出してくれます。

    1社でも多くの業者に査定依頼をすることで実際の査定額の差を比較してみることができるので、aboutに対応している複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきたボルボをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した輸入車の買取専門業者です。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、年間の取扱車両は外車・輸入車だけで約1500台。aboutに展開していて出張査定費用は無料です。

    外車王は輸入車・外車専門の中古車の買取業者なので、スウェーデン車のボルボであれば一般の買取店より高額買取が実現することがあります。
    ですので、スウェーデン車のボルボを売るならまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを活用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いろんな買取業者に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い買取金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたボルボを売却しましょう。







    過去に故障や事故などで修理をしたことがある車は、たとえ嘘をついて査定してもらっても一瞬で分かってしまうものです。

    軽い損傷程度で済んでいて、それに相応しい修理が実施されているならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、隠そうとせずに正直に伝えることが大切ですね。

    事故歴などが要因になって、もしも多くの店舗で同じように査定額が付かないと言われてしまった場合には、事故車や故障車を専門に扱う中古車買取店に持って行くと良いでしょう。

    売却希望の車が今どれくらいで買取して貰えるかをチェックしたくなったら、ネットを介して車の一括査定サイトにて知る方法もあるのですが、売却希望の車のメーカーサイトで見積額の参考値を確認することが可能です。

    メーカーのWebサイト上で参考価格を確認するだけならば匿名でOKで車種および年式のみで査定金額を知ることが可能なところもあるようですので、車の一括査定サイトを利用したときのように営業電話がしつこく何回も掛かってくる可能性は低いのです。

    売却予定の中古車の査定額を決める場合に、走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    基本的に走行距離がアップすればするほど査定額はどんどんダウンします。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は多走行車と言われていて、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には過走行車という名称で呼ばれ、全く査定金額が出ない場合もあるのです。

    売却査定において、タイヤの状態は所有者が思っているほど価格に及ぼす影響は少ないでしょう。

    しかし、冬用のスタッドレスタイヤのままよりは、面倒でもノーマルタイヤに戻した上で売るべきです。

    スタッドレスだからといって買取拒否されることこそないものの、真冬に残雪が残る地方というのは限られていますから、ノーマルタイヤの方が需要があるので、交換してから中古車市場に流通させるという余計な手間がかかります。

    従ってその手間賃と実費の分、あらかじめ査定額から引いているというわけです。

    いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は簡単に分けると2種類です。

    比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。

    一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、普段から車を使う人にとっては足がない期間の心配が要らないので良いのですが、競争原理が働かないため中古車買取り業者と比較すると引取り額が低くなるのは避けられません。

    あと一つは中古車一括査定サイトを使い、業界各社から見積りをもらうことです。

    一社でなく複数に査定してもらえるため、買値アップが期待できます。

    どちらを選ぶかは車の所有者次第でしょう。

    車をディーラーで購入して下取り制度を利用するのなら、古い車と新しい車の乗り換えはタイミングを計って行われます。

    ただ、ディーラー下取りではなく、中古車屋への売却の場合は納車までに車がない期間が生じる可能性もあります。

    通勤通学などで車がなければいられないという場合は、査定士を派遣してもらう以前に電話などで必ず代車の手配の有無を聞いておくべきです。

    うっかりしていると業者次第で台数が限られていたり、もともと用意していないところもあるため早いうちから確認しておくことが大事です。

    下取りではなく買取業者に車を売却する際は手続きが必要です。

    売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。

    それから現物を業者から派遣された査定士が判定し、買取金額の提示となります。

    必要に応じて金額アップの交渉などを行い、満足な価格になったところで契約書を交わします。

    契約締結後に車を業者に引き渡し、それから業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと指定した口座に売却代金が振り込まれます。

    親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、お金をどうするかなどの契約事が曖昧になりやすいです。

    愛車を売るのはかなり大きなお金が動いて当然の事柄です。

    例えいくら親密な関係の友達であったとしても、じっさいにいくらで車を売るか、支払い方法や期限はどうするか、名義変更はいつまでに行うかなど、重要項目については書類にしておくべきです。

    口頭で軽く言い残すだけの人とは、後からいざこざが起きても仕方がないため、簡単に売買するのは避けた方が賢い選択ですね。

    車を買い換える際に古い車の下取りをディーラーに依頼するのは珍しくありません。

    購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、いちいち買取業者に売りにいくのと比較すると大幅に時間も手間も少ないというメリットがあります。

    ただし、買取(下取)金額という点で見るとディーラーと中古車屋では、ディーラー価格は業者価格より安くなってしまう傾向があり、特に「言い値」の下取りでは損をすることも多いです。

    下取りは強制ではありませんから、売却で利益を出したければ、中古車買取業者に依頼する方が良いのは言うまでもありません。